楽使器 たのしき 島村真司 オフィシャルサイト
お問い合わせ|通信販売法に基づく表示

楽使器とは

島村真司「楽使器」(たのしき)とは、ふっと思いついた言葉なのですが、自分の作品を手にとって下さった方々の生活を彩り、文字通り楽しく使っていただければと思いを込めて名付けました。

自分のオリジナリティーを出しつつ、皆様の生活に溶け込んで、使っていただける作品作りを目指しています。

島村真司

独り、工房で土をいじる。指先から、想いを伝えようと、土と話す。独りだけどたくさんの人を感じる。ありがたいなぁ。

島村真司プロフィール

1970年 誕生
1991年 グラフィックデザイナーとして活躍
1996年 三重県伊賀上野の陶芸家 番浦史郎氏に師事
2000年 長野件諏訪郡富士見町にセルフビルドで自宅、工房建築&築窯
2000年〜 陶芸家として活動
東京、大阪、京都にて一門展
東京、神奈川、山梨、長野などで個展を中心に作陶。
楽使器(たのしき〜楽しく使える器たち〜)をコンセプトに人の生活を明るく豊かにしたいという気持ちで制作している。